読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅カメラと共に

DP2 Merrill・Leicaあたりで撮っているらしい

Foveonセンサーで京都を写す

古い写真になりますが、大晦日の迫る京都の街をDP2 Merrillで撮り歩きました。

 

f:id:koza-photo:20121230114753j:plain

 当日はあいにくの雨。京都の人気店「出町 ふたば」で豆大福を買うべく道を急ぎます。

お店に着くと従業員総出で正月に向けての作業に追われていました。

おいしい豆大福を手に入れた後、バスで大徳寺へと向かいます。

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230124439j:plain

観光客もほとんどいません。雨の日もいいものですね。

しっとりした雰囲気と、トーンをDP2Merrillは描写してくれます。

場所は変わって今宮神社へ。

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230125035j:plain

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230125312j:plain

佐々木酒造は、俳優の佐々木蔵之介さんのご実家だそうです。

 

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230125348j:plain

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230132030j:plain

金閣も雨で雰囲気が出ます。

ベタ過ぎて避けていた金閣寺ですが、このカメラのお蔭で非常に面白い絵が作れました。

 

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230133502j:plain

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230133737j:plain

 

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121230133750j:plain

DP2Merrillはかちっとした解像度の高いシーンを撮るのに適しているのではと思って購入したのですが、しっとりとしたシーンでも、これだけ面白い演出をしてくれるとは予想外でした。今後も活用してみたいと思います。

 

 

 

旅カメラとしてのSIGMA DP Merrillシリーズの楽しみ

f:id:koza-photo:20121216103100j:plain

いい写真を撮るには腕が要ります。しかし、いい道具がなければ思い通りの写真は作れないというのは厳然たる事実です。このブログでは写真集的にまとめながら様々な道具の紹介をしていきたいと思います。

SIGMAというメーカーから出ているDP2 Merrillというカメラをご存じでしょうか。見た目はコンパクトカメラなのですが、恐ろしい性能を発揮するとてつも無いカメラです。

このカメラは通常の撮像素子とは大きく発想の異なるセンサー"Foveon"を搭載しています。これが異次元の絵を生み出すのです。

また現像してから絵を作り込むことができる点で、他社のAPS-Cサイズのセンサー陣を大きく凌駕しています。

どうしても解像力の凄さに目が行きがちなのですが、いじっても破綻しないコシのある描写であり、大げさかもしれませんが、デジタルの新しい力を引き出したとさえ感じます。

 さぁ、爽やかな青空の下、千葉館山に向けて出発です。

  

 

f:id:koza-photo:20121216103503j:plain

 

 

f:id:koza-photo:20121216114310j:plain

DP2Merrill 東京湾アクアライン

 

 

f:id:koza-photo:20121216122451j:plain

DP2Merrill 木更津・宝家

 アクアラインを越え、木更津に到着。

 ご当地らしいものを食べたいという欲を抑えきれず、かき揚げのあるあさり膳を頂きます。

駐車場が異常に広く、一体何ランドかとびっくりしたのですが、観光ツアーの団体さんが登場したのを見て納得です。老舗のお店らしく、大変賑わってました。 

 

 

f:id:koza-photo:20121216145743j:plain

DP2Merrill 南房パラダイス

 こちらは賑わってませんでした。 通称・南パラ。

 でも温室で見る植物はどれも綺麗です。 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121216153157j:plain

DP2Merrill 南房パラダイス

 今まで硬い風景ばかりを掲載してきましたが、動物の毛並みと柔らかい雰囲気も出せます。研究し尽くせない不思議なカメラです。

 

 

 

 

f:id:koza-photo:20121216161839j:plain

DP2Merrill 館山市 

 

 

 

  

f:id:koza-photo:20121217100442j:plain

DP2Merrill 鋸南町

 

雨の京都写真でもしっとりした光景が浮かび上がりましたが、晴れてないし風景写真にはどうかなという日でも面白い絵作りに貢献してくれます。

 「鋸山」という岩山の上から撮影でしたが、文字通りの断崖絶壁にあり、高所恐怖症の人は想像するだけで死んでしまいそうです。

 

 

f:id:koza-photo:20121217104610j:plain

DP2Merrill 千葉県鋸南町

 

宿泊したのは安房勝山の「紀伊乃國屋」という温泉宿です。

色々な種類が楽しめる温泉の素晴らしさもさることながら、南房総の海の幸を生かした料理は絶品です。

これぞ日本式旅館というべきおもてなしと、清潔さに満ちており、おすすめしたいお宿です。

 

■安房温泉 紀伊乃國屋

http://www.awa-kinokuniya.com/honkan/

 

食べログ

http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12019962/

 

 

f:id:koza-photo:20121217112913j:plain

DP2Merrill 東京湾フェリー

 

東京湾フェリーに乗ったのは25年ぶりでしたが、港町の陰影を楽しみながら海を渡る楽しみは、アクアライン経由では楽しめません。「王様のブランチ」でもこのルートで旅する楽しみが紹介されていましたね。

 

f:id:koza-photo:20121217124620j:plain

DP2Merrill 横須賀市 戦艦「三笠」

 

日本海海戦を戦った三笠の雄姿。マストの形状が帆船時代の軍艦の姿を残しています。(レプリカですけどね)

アメリカ太平洋艦隊司令長官のニミッツ提督の呼びかけをきっかけに保存の機運が盛り上がり、廃墟同然の姿から見事に蘇りました。

石炭から出る大量の黒煙をたなびかせながら鉛色の日本海を疾走する三笠の姿に思いを馳せます。

 

 

f:id:koza-photo:20121217153116j:plain

DP2Merrill 横浜ベイブリッジ

 

 

f:id:koza-photo:20121217153306j:plain

DP2Merrill 大黒ジャンクション

 

  

f:id:koza-photo:20121217155800j:plain

DP2Merrill 首都高速1号羽田線 大井

 

一般的に旅に使いやすいのは35mm程度のやや広角気味のレンズだと言われています。

このDP2 Merrillは35mm判で45mm相当の画角でやや狭いのですが、ピンポイントに情景を切り取っていく、いわば俳句のような味わいを求めるには最適です。

時に旅においては目に見えたものを全て伝えたいという欲望があふれてしまうのですが、伝えたいエッセンスを抽出する旅カメラとして私は非常に秀逸な機械だと思います。